まなべる、いかせる、つながれる。防災・減災のオンライン基地。

運営:防災推進協議会 協力:内閣府防災担当

アクション!

記事が削除される等の理由で、リンク切れとなる場合があります。ご了承下さい。

児童の判断力を養う防災学習用アプリケーション

2016年9月9日

東京都市大学が児童向けハザードマップの作成支援を目的としたタブレットPC向けアプリケーションを開発。児童が自ら実際の風景と地図を結びつけてハザードマップを作成することで、防災や安全について理解を深めることが可能となっている。地図の見方を習っていない児童向けに、地図記号ではなく店舗名などを使用しているほか、各種ボタンを大きく設計するなどの工夫により、児童が自ら街の危険や防災情報を登録できる。
▼東京都市大学「災害時における児童の自主的な安全確保を目指した 小学生向けハザードマップ作成支援アプリケーションの開発」
http://www.tcu.ac.jp/topics/newsrelease/201609/20160905000002302.html

  • 関連タグ: