まなべる、いかせる、つながれる。防災・減災のオンライン基地。

運営:防災推進協議会 企画編集:助けあいジャパン 協力:内閣府防災担当

アクション!

記事が削除される等の理由で、リンク切れとなる場合があります。ご了承下さい。

防災用語、多言語に翻訳 神戸の学生ら翻訳活動

2019年2月7日

関西大学社会安全学部の近藤誠司准教授(災害情報論)のゼミ生たちが、外国にルーツを持つ児童も通う神戸市立真陽小学校で、災害時に欠かせない日本語を3カ国語で紹介する取り組みを行っている。2014年から児童と一緒に防災・減災をテーマにした校内放送向けの番組制作に携わり、2017年から、防災版学校便り「ぼうさいタイムズ」を発行する。外国出身の児童・保護者にこそ防災知識を届けたい」と、2018年度から多言語コーナーを設けた。災害時の避難や被災後の生活に役立つ日本語を、ベトナム語、韓国語、英語に訳し、ルビ付きで掲載している。
▼神戸市立真陽小学校
http://www2.kobe-c.ed.jp/sny-es/

  • 関連タグ: