アクション!

おすすめ

  • 特定非営利活動法人全国災害ボランティア支援団体ネットワーク(JVOAD)が、連携・協働をベースに「災害支援の文化を創造する」をメインテーマに掲げて第5回 全国フォーラムをオンライン開催する。
    コロナ禍で改めて見えてきた課題を明確にし、「地域 」・「分野」・「備え」 を柱とした分科会や全体会を通じて、多様なセクターが知り合い、課題を共有することで多種多様な災害支援の担い手が増えるきっかけを作ると同時に、次の災害に備えた連携体制の構築を目指す。
    期間は、2021年5月26日〜5月27日。事前申し込み制で、2021年5月16日まで公式ページのフォームから受け付ける。

  • 公益社団法人日本ユネスコ協会連盟は、アクサ生命保険株式会社の協力を得て、災害時、地域の重要な防災・減災拠点となる学校の「防災・減災教育」を推進し、将来、地域の災害リーダーとなり得る児童・生徒を育てる支援事業として2014年から減災教育プログラムを実施している。今年度で8回目。
    学校での「防災・減災教育」への助成金、教員研修会や実践活動報告会、減災教育フォーラムを通して、学校での防災・減災教育を支援するプログラムとなっている。
    参加募集期間は、2021年4月12日〜5月31日(必着)
    参加方法などの詳細は公式サイトから確認できる。

  • TEAM防災ジャパンは初の試みとして、「TEAM防災ジャパンお世話係企画チーム」が主催するオンライン交流会「防災のおとなりさん@岩手」を2021年3月1日(月)に開催する。
    岩手の防災関係者と交流することをテーマに掲げており、これまで岩手で被災地支援に関わったことがある、もしくは、岩手在住者の方の参加を特に歓迎している。(申込定員 ※20名)
    zoomを使用してのオンライン開催となる。

    【開催日時】
    2021年3月1日(月)18時30分~20時30分 (オンライン)
    【当日の主なプログラム(予定)】
    1.岩手からのゲストとのオンライン懇談
     ・葛巻徹(いわて連携復興センター)×澤田雅浩(兵庫県立大学)
     ・林ちはる(三陸ジオパーク推進員)×中川和之(時事通信)
     ・鈴木るり子(岩手医科大学)×黒田洋司(消防防災科学センター)
    2.ゲストとのグループディスカッション
      zoomのブレイクアウトルーム機能を利用を予定し、参加者にも発言機会を用意する。
    3.全体交流
    4.まとめ

    事前予約制で、参加申し込みフォームでの事前参加申請が必要となる。
    (定員に達し次第、締め切り)

国・自治体、企業防災、NPO・中間組織、学校・PTA、自治会・町内会・管理組合、研究者の方それぞれのお立場で、関心のあるタグをお選びください。

新着順

  • 久慈・野田・普代 震災アーカイブ

    久慈・野田・普代 震災アーカイブ

    2015年05月20日

    地域内13万件の震災関連資料がデジタルデータ化。実際に被災した住民のインタビューや、多くの資料をwebサイトから検索・活用できる。 今後、初等教育において身近な防災時の行動規範を教える教材、高等教育機関での研究利用、防災計画策定・震災学習ツアーの企画検討の参考など、様々な場面にて利用されることが想定されている。

  • 防災先進県 MADE IN KOCHI 高知

    防災先進県 MADE IN KOCHI 高知

    2015年05月20日

    防災先進県 MADE IN KOCHI 高知 防災先進県高知のノウハウが、名古屋へ! 高知県は、台風や豪雨浸水、南海地震など、数多くの災害に見舞われてきました。その体験から得たノウハウを生かして、さまざまな防災関連製品や技術が生まれています。こうしたメイド・イン高知の製品を皆様にもっと知っていただくため、全国各地の展示会に出店し広くPRしています。

  • 東日本大震災の教訓を生かした避難所運営シミュレーション「さすけなぶる」

    東日本大震災の教訓を生かした避難所運営シミュレーション「さすけなぶる」

    2015年05月13日

    福島県内の大規模避難所運営の教訓を生かした避難所運営シュミレーションがある。「さすけなぶる」と名付けられたこのゲームは、「ビッグパレットふくしま」をはじめとする福島県内の避難所で実際に起こった事例を紹介しながら、広域災害時における大規模避難所運営スタッフとしての意思決定体験を、初動期(震災後数日)、混乱期(震災後1ヶ月以内)、自治形成期(震災後1ヶ月~避難所閉鎖まで)の時系列に沿って体験する。

  • 知られていない企業備蓄の問題点!防災備蓄サミット

    知られていない企業備蓄の問題点!防災備蓄サミット

    2015年05月13日

    解決できているようで、実はまったく解決ができていない問題が「備蓄」だという。2013年4月から施行された東京都帰宅困難者対策条例では、事業者に対して、従業員の3日分の水や食料の備蓄に努めることが義務化され、これに伴い企業の備蓄は進み始めた。しかし、会社の備蓄で生き残れるとは限らない。そこで、備蓄に関する取り組み事例や問題意識を共有するイベントが5月25日(月)、四谷区民ホールで開催される。

  • 小山内裏公園「第2回チャレンジ防災」

    小山内裏公園「第2回チャレンジ防災」

    2015年04月29日

    八王子市・町田市にある産・学・住・公の各団体が連携・協働して防災イベントを行うために自発的に参加・運営する委員会「チャレンジ防災実行委員会」の主催で、東京都町田市の小山内裏公園では5月10日に、「第2回チャレンジ防災」が開催される。災害時には避難場所になり得る公園で、地元企業、学校、地域住民の方々、自治体、警察、消防などが連携・協働して開催するという。炊き出し体験やAED操作体験の他、ダンボールハウス製作体験やペット同行避難も企画されている。

  • 津波が来たら高いところへ逃げるプロジェクト

    津波が来たら高いところへ逃げるプロジェクト

    2015年04月29日

    「いま津波が来たら、どこへ逃げるか、準備はできていますか?」津波に対する問題意識を高めるために神奈川県鎌倉市で行われているのが「津波が来たら高いところへ逃げるプロジェクト」。地域有志が企画し、市が後援につき、地域企業やクラウドファンディングなどでの個人協賛による支援で行っているという。関東大震災を体験した103歳のおじいちゃんの話が聴けるシンポジウムや避難検証する「逃げ道実験レポート」が行われている。今後は、海にいるサーファーが、地震発生と同時に避難するという実験もしたいという。

  • 大磯高生による防災の取り組み ~高校生が防災教育動画を作りました~

    大磯高生による防災の取り組み ~高校生が防災教育動画を作りました~

    2015年04月22日

    神奈川県立大磯高等学校SF研究部の生徒らが小中学生向けの防災教育動画を自主制作した。NPO法人「0463チャレンジセンター」や東海大学の学生らと協力し、脚本をつくり、地元である大磯町や平塚市、二宮町などで撮影を行い、編集した。制作された動画は、DVDにして大磯町教育委員会に寄贈したほか、YouTubeで観ることができる。

  • 災強!霞が関防災キャンプ

    災強!霞が関防災キャンプ

    2015年04月22日

    東日本大震災の際に施設開放し、帰宅困難者300人以上を支援した霞が関ナレッジスクエアが行っているのは、実際に帰宅困難者になった場合を想定して一晩過ごす防災キャンプ。水・トイレ・食事・照明等が制限された中で、その場に居合わせた人々と知恵を合わせて生き抜き、体験後も、自分たちが防災においてクリアしなければならない身近課題を設定し、終了後21日間にわたって講師と参加者と交流を行い、最終的に「防災体質」になることを目指すという。

  • STEP CAMP ステップキャンプ – アウトドア体験で災害時に役立つスキルを磨こう!

    STEP CAMP ステップキャンプ – アウトドア体験で災害時に役立つスキルを磨こう!

    2015年04月22日

    災害被災時に役立つアウドドアのノウハウを、楽しく、実践的に学ぶ体験型の「防災キャンププログラム」が行われている。実際に、火を起こして暖を取る、お米を炊く、テントを張り寒さをしのぐなどはアウドドアで当たり前の事で、被災時にも役立つ。アウドドア業界のプロの指導者がレクチャーやワークショップを行い、キヤンプ未経験者や子供からお年寄りまで楽しく学べるという。

  • 防災教育に使える教材 -うさぎ一家のぼうさい荷作り-

    防災教育に使える教材 -うさぎ一家のぼうさい荷作り-

    2015年04月22日

    児童や生徒に防災を学んでもらうための教材を配布しているところがある。教材のポイントは、災害への備えに関し「自分の頭で考えること」や「周りを思いやること」の重要性を伝えること。ワークシートを使いながら、キャラクターの「うさぎ一家」を通して、自分や家族に必要な防災グッズを考え、参加者同士で振り返りをする内容となっている。学習指導計画や評価シートなどもあり、教える側の利便性も高くなっている。