アクション!

おすすめ

  • 公益社団法人日本ユネスコ協会連盟は、アクサ生命保険株式会社の協力を得て、災害時、地域の重要な防災・減災拠点となる学校の「防災・減災教育」を推進し、将来、地域の災害リーダーとなり得る児童・生徒を育てる支援事業として2014年から減災教育プログラムを実施している。今年度で8回目。
    学校での「防災・減災教育」への助成金、教員研修会や実践活動報告会、減災教育フォーラムを通して、学校での防災・減災教育を支援するプログラムとなっている。
    参加募集期間は、2021年4月12日〜5月31日(必着)
    参加方法などの詳細は公式サイトから確認できる。

  • TEAM防災ジャパンは初の試みとして、「TEAM防災ジャパンお世話係企画チーム」が主催するオンライン交流会「防災のおとなりさん@岩手」を2021年3月1日(月)に開催する。
    岩手の防災関係者と交流することをテーマに掲げており、これまで岩手で被災地支援に関わったことがある、もしくは、岩手在住者の方の参加を特に歓迎している。(申込定員 ※20名)
    zoomを使用してのオンライン開催となる。

    【開催日時】
    2021年3月1日(月)18時30分~20時30分 (オンライン)
    【当日の主なプログラム(予定)】
    1.岩手からのゲストとのオンライン懇談
     ・葛巻徹(いわて連携復興センター)×澤田雅浩(兵庫県立大学)
     ・林ちはる(三陸ジオパーク推進員)×中川和之(時事通信)
     ・鈴木るり子(岩手医科大学)×黒田洋司(消防防災科学センター)
    2.ゲストとのグループディスカッション
      zoomのブレイクアウトルーム機能を利用を予定し、参加者にも発言機会を用意する。
    3.全体交流
    4.まとめ

    事前予約制で、参加申し込みフォームでの事前参加申請が必要となる。
    (定員に達し次第、締め切り)

  • 内閣府防災では、令和3年2月14日(日)に、熊本地震や7月豪雨の被災地からの地区防災計画の取組をもとに計画作成の「主体」と「支援者」のあり方や、地区防災計画を活かした災害に強いコミュニティづくりについて話し合う「地区防災計画フォーラム2021」をオンライン開催する。
    参加はフォーム(http://www.mri.co.jp/2021chikubou-forum/)からの事前申し込み制となり、参加希望者には後日、URLが案内される。

国・自治体、企業防災、NPO・中間組織、学校・PTA、自治会・町内会・管理組合、研究者の方それぞれのお立場で、関心のあるタグをお選びください。

新着順

  • 「防災☆ママブック」READYFOR?でのプロジェクト成立 被災地のママが教える、震災から我が子を守る術を紹介!

    「防災☆ママブック」READYFOR?でのプロジェクト成立 被災地のママが教える、震災から我が子を守る術を紹介!

    2014年08月25日

    一般社団法人「Stand for mothers(スタンドフォーマザーズ、以下Sfm)」によるプロジェクト。 東日本大震災から8か月が経った2011年11月頃、物資支援を受けた被災地のママから「支援されっぱなしではなく、私たちも恩返しをしたい」「全国のママたちの強くてやさしい思いに応えたい」という声が上がり、被災したママたちのリアルな声を集めてできた「防災★ママブック」。 日本初のクラウドファンディングREADYFOR?でプロジェクトが成立したため「防災☆ママブック」第二号が!只今希望者に配布中。

  • 防災をもっとオシャレでわかりやすくする防災ガール★が一周年を迎えました!

    防災をもっとオシャレでわかりやすくする防災ガール★が一周年を迎えました!

    2014年08月25日

    防災ガールを広める事業 防災ガールを増やす事業 防災ガールを育てたい! 防災をもっとオシャレでわかりやすくしたい! 若い世代は未だ防災・減災意識が低い。より多くの若い世代の人が率先避難者となり、事前の準備や緊急時の動き方の理解をしておき「自助」だけでなく周りの人を助けることが出来る「共助」人材となることが一つでも多くの命を救うことにつながると考え設立しました。