アクション!

おすすめ

  • 特定非営利活動法人全国災害ボランティア支援団体ネットワーク(JVOAD)が、連携・協働をベースに「災害支援の文化を創造する」をメインテーマに掲げて第5回 全国フォーラムをオンライン開催する。
    コロナ禍で改めて見えてきた課題を明確にし、「地域 」・「分野」・「備え」 を柱とした分科会や全体会を通じて、多様なセクターが知り合い、課題を共有することで多種多様な災害支援の担い手が増えるきっかけを作ると同時に、次の災害に備えた連携体制の構築を目指す。
    期間は、2021年5月26日〜5月27日。事前申し込み制で、2021年5月16日まで公式ページのフォームから受け付ける。

  • 公益社団法人日本ユネスコ協会連盟は、アクサ生命保険株式会社の協力を得て、災害時、地域の重要な防災・減災拠点となる学校の「防災・減災教育」を推進し、将来、地域の災害リーダーとなり得る児童・生徒を育てる支援事業として2014年から減災教育プログラムを実施している。今年度で8回目。
    学校での「防災・減災教育」への助成金、教員研修会や実践活動報告会、減災教育フォーラムを通して、学校での防災・減災教育を支援するプログラムとなっている。
    参加募集期間は、2021年4月12日〜5月31日(必着)
    参加方法などの詳細は公式サイトから確認できる。

  • TEAM防災ジャパンは初の試みとして、「TEAM防災ジャパンお世話係企画チーム」が主催するオンライン交流会「防災のおとなりさん@岩手」を2021年3月1日(月)に開催する。
    岩手の防災関係者と交流することをテーマに掲げており、これまで岩手で被災地支援に関わったことがある、もしくは、岩手在住者の方の参加を特に歓迎している。(申込定員 ※20名)
    zoomを使用してのオンライン開催となる。

    【開催日時】
    2021年3月1日(月)18時30分~20時30分 (オンライン)
    【当日の主なプログラム(予定)】
    1.岩手からのゲストとのオンライン懇談
     ・葛巻徹(いわて連携復興センター)×澤田雅浩(兵庫県立大学)
     ・林ちはる(三陸ジオパーク推進員)×中川和之(時事通信)
     ・鈴木るり子(岩手医科大学)×黒田洋司(消防防災科学センター)
    2.ゲストとのグループディスカッション
      zoomのブレイクアウトルーム機能を利用を予定し、参加者にも発言機会を用意する。
    3.全体交流
    4.まとめ

    事前予約制で、参加申し込みフォームでの事前参加申請が必要となる。
    (定員に達し次第、締め切り)

国・自治体、企業防災、NPO・中間組織、学校・PTA、自治会・町内会・管理組合、研究者の方それぞれのお立場で、関心のあるタグをお選びください。

新着順

  • 高校生が外国人観光客向けの地震対策マニュアルを作成

    高校生が外国人観光客向けの地震対策マニュアルを作成

    2018年06月07日

    千葉県立成田国際高校の生徒が、国から指定を受けたスーパーグローバルハイスクール(SGH)の課題研究として、外国人観光客向けの地震対策マニュアルを作った。日本語、英語、中国語の3種類のマニュアルを作成。パスポートと共に保管できる手のひらサイズにし、危険をイメージさせる赤を基調とした。頭を守る、窓や高い塀の下といった危険な場所を避ける、避難所に向かうなど避難時の行動を記して、裏面には外国人観光客が多い成田山の参道周辺の避難所や市役所などの場所を示す地図を載せている。
    ▼千葉県立成田国際高校
    https://cms2.chiba-c.ed.jp/naritakokusai-h/jorse44k1-1239/

  • 北海道 1日防災学校~児童生徒に対する防災教育の取組~

    北海道 1日防災学校~児童生徒に対する防災教育の取組~

    2018年05月31日

    北海道と道教委では今年度から、小学校の授業時間を活用し「防災かるた(国語)」、「災害食づくり(家庭科)」、「自然災害を防ぐための備え(社会)」、「自然災害のしくみ(理科)」、「救護活動(体育)」、「防災グッズの作成(図工)」の防災に関する授業や避難訓練等に取り組む「防災学校」を道内各地の小学校で実施する。初年度はモデル事業として30校程度で授業を行う。各校の教員が担当し、専門的内容については、行政の防災担当者らが講師として出向く。
    ▼北海道 30年度における「1日防災学校」の開催について
    http://www.pref.hokkaido.lg.jp/ss/tkk/hodo/happyo/h30/05/300517-01bousai.pdf

  • 「防災ノート」活用開始 浜松の全市立小中学校

    「防災ノート」活用開始 浜松の全市立小中学校

    2018年05月31日

    静岡県浜松市教育委員会は2018年度から、全市立小中学校で防災教育教材「浜松市版防災ノート」を活用している。小学生用3種類と中学生用がある。小学1・2年生用の基本的な身の守り方、危険予測・回避の習得に始まり、発達段階に応じて内容が充実する。地震以外の自然災害や避難行動の集団心理、各種警報などの知識を提供。避難経路や非常用品、避難生活について考える内容も盛り込み、5・6年生で自ら適切な避難行動を判断できる力を養う。中学生用は自助、共助への考えを深める。
    ▼ 浜松市版防災ノート(2018年4月初版)
    https://www.city.hamamatsu.shizuoka.jp/kenkou/bousaino-to.html

  • いつもの便利×もしもの備え もしもの時に家族を守る“防災ママ”座談会

    いつもの便利×もしもの備え もしもの時に家族を守る“防災ママ”座談会

    2018年05月18日

    「もしもの時に家族を守りたい!」という“防災ママ”4人が集まり、どんなものを用意している?ママたちの防災対策事情は?小さな子どもがいる場合に気を付けていることは?など、防災グッズを手に取りながら座談会を開き、その内容を動画で公開。また、もしもの時に頼りになる防災グッズも紹介している。

  • 保存食のスイーツコンテストも開催! 5年に1度の「東京国際消防防災展」

    保存食のスイーツコンテストも開催! 5年に1度の「東京国際消防防災展」

    2018年05月18日

    5月31日~6月3日にかけて、最先端の消防・防災製品や情報を集めた「東京国際消防防災展2018」が東京ビッグサイトで開催される。5年に1度行われる、国内最大級の消防・防災に関する展示会で、火災・災害から身を守るための最新技術や、注目の製品が紹介される。「まちかど防災訓練車」が設置されるほか、ポンプ車やはしご車の乗車体験、保存食を利用したスイーツコンテストが開催されるなど、子供から大人まで幅広い世代の人が楽しめるものとなっている。
    ▼東京国際消防防災展2018
    http://www.fire-safety-tokyo.com/jp/

  • 「TEAM防災ジャパン オフラインミーティング in 名古屋」(6月9日(土))開催のお知らせ

    「TEAM防災ジャパン オフラインミーティング in 名古屋」(6月9日(土))開催のお知らせ

    2018年05月11日

    ※おかげさまで定員に達しましたので、参加受付を終了させていただきます。多くのお申込みをいただき、誠にありがとうございました。

    TEAM防災ジャパンでは、6月9日(土)に「TEAM防災ジャパン オフラインミーティング in 名古屋」を開催します。
    防災リーダーのつながりを育むため、愛知県・名古屋市で防災活動に取り組んでいる方々と、全国の防災リーダーとの間で、困りごと・悩みごと、苦労、創意工夫などについて、情報共有を行います。
    具体的には、減災館ツアーをはじめ、愛知・名古屋における防災の取組について紹介するほか、愛知県内外の様々な地域の自慢の取組、現在抱えている課題についても、皆さまに共有します。
    ふるさと納税を活用して自治体が災害時に使えるトイレを準備する「みんな元気になるトイレ」プロジェクトと協同し、移動設置型トイレトレーラーの実機展示も行います。

    愛知県・名古屋市内だけでなく、全国から多くの方にお集まりいただき、日ごろ防災活動に取り組んでいる人々の交流の場としたいと思います。
    皆さまの参加を心よりお待ちしております。

    開催日時:
    2018年6月9日(土)13:00~17:30(受付開始12:30)

    会場:
    名古屋大学減災館 減災ホール
    〒464-8601 愛知県名古屋市千種区不老町名古屋大学減災館
    (地下鉄名城線・名古屋大学駅より徒歩5分)

    備考:
    ・ベテランの防災リーダーの方は是非ご一緒に次世代の「若手防災リーダー」の方をお連れください。
    ・定員(100名)に達した場合、募集を終了する可能性がございますので、ご了承ください。

    <プログラム>
    ・講演「愛知・名古屋における防災の取組」
    ・名古屋大学減災館のツアー
    ・プレゼンテーション「各地域の取組と防災リーダー」
    ・ポスターセッション&ディスカッション

    同日17:30から減災館内にて「オフオフ会」と題して懇親会(会費4,000円)を行います。皆様、奮ってご参加ください。(申込後のキャンセルは、5/31(木)までにお願いします)
    オフオフ会終了後には、引き続き館内で「防災居酒屋」(二次会)を開催します!地域の自慢の食べ物等のお土産大歓迎!(衛生上、生ものはご遠慮ください)

    (※詳しくは、以下のチラシをご覧ください。)
    スライド1スライド2

  • 防災情報サイト「防災タウンページ」(ネット版)を公開

    防災情報サイト「防災タウンページ」(ネット版)を公開

    2018年04月20日

    NTTタウンページが4月11日より、「防災タウンページ」(冊子版)のネット版として、防災情報サイト「防災タウンページ」(ネット版)を公開。“いざ!という時に生き延びる”ために、各自治体の防災情報や避難所マップ等を紹介している。また、被災時等に通信回線が遮断してしまうことに備え、避難所マップはPDFファイルをダウンロードできるようになっている。
    ▼防災タウンページ
    https://bosai.itp.ne.jp/

  • ドコモgacco「事例に学ぶ災害対策」

    ドコモgacco「事例に学ぶ災害対策」

    2018年04月20日

    岐阜大学と株式会社ドコモ gaccoが、誰でも無料で受講できる大規模公開オンライン講座「gacco®(ガッコ)」において、「事例に学ぶ災害対策」講座を3 月14日より開講している。東日本大震災や九州北部豪雨など、実際の災害事例を通じて、「ハザードマップや防災情報をどのように活用するか」、「過去の災害から学ぶべきことは?」、「どうすれば対策が進められるか?」など、実際に災害が起きた際に“どう行動に移すか”を学ぶことができる。
    ▼岐阜大学「事例に学ぶ災害対策」講座 ―東日本大震災などの事例から、“行動に移す”ための対策を学習―
    https://www.gifu-u.ac.jp/about/publication/press/20180314.pdf

  • 日本の防災偏差値は?「全国統一防災模試」結果速報発表

    日本の防災偏差値は?「全国統一防災模試」結果速報発表

    2018年04月20日

    ヤフー株式会社が、震災の記憶の風化を防ぎ、災害への備えの重要性を啓発するため、スマートフォン用アプリ「Yahoo! JAPAN」内にて行なった「全国統一防災模試」の解答データから結果速報として、参加地域、性別、年代、平均点・偏差値といったデータを発表した。都道府県別参加者人口比率、平均点・偏差値の結果では、首都圏、被災地、南海トラフ地震の被害が想定される地域では、参加率、平均点・偏差値ともに高く、意識の高さがうかがえる。また、「避難場所」「災害時帰宅支援ステーションとなり得る場所」「災害用伝言ダイヤル」といった、発災直後の次の行動の正答率が低い傾向にあった。
    ▼Yahoo! JAPAN「全国統一防災模試」
    https://bousai.yahoo.co.jp/pr/201803/

  • 熊本地震 避難所の光景を絵本に 不安や心の暗さ、黄色系絵の具で

    熊本地震 避難所の光景を絵本に 不安や心の暗さ、黄色系絵の具で

    2018年04月09日

    熊本地震直前に移住し、熊本市中央区で被災したイラストレーター、やじまますみさんが、約10日間過ごした避難所での光景を記録した絵本「あのとき、そこにきみがいた。」を出版した。本震から時系列で進む物語の中心にはボランティアの目印として黄色いビブスを着た避難所の中学生を置いた。やじまさんは「照明なのか揺れた建物から出たほこりなのか分からないが、地震直後から街全体が黄色く見えた」と振り返り、その経験から配色も「イエローオーカー」と呼ばれる黄色系の絵の具を基調とし、暗闇の中でスマートフォンを通じて安否確認したり、相次ぐ余震に不安を抱えたりする車椅子の被災者の心の暗さも描いた。
    ▼ポプラ社「あのとき、そこに きみがいた。」
    https://www.poplar.co.jp/book/search/result/archive/2083050.html