アクション!

おすすめ

  • 広島FMでは、昨年発行した2019年版の掲載情報を更新し、1つ1つの問題をよりシンプルにした改訂版「ひろしま防災ドリル 防災ハンドブック2020」を、2020年7月6日(月)より県内各所で無料配布する。また、郵送での発送も受け付けるとのこと。
    大雨、地震、土砂崩れなど、いつ起こるかわからない自然災害に備え、どんな状況になったら避難すべきか、もし災害が起こったら何をすべきか、簡単な問題を解いていくことで命を守るための判断力が身につく「ドリル」形式の本となっている。

  • 公益社団法人日本ユネスコ協会連盟は、アクサ生命保険株式会社の協力を得て、災害時、地域の重要な防災・減災拠点となる学校の「防災・減災教育」を推進し、将来、地域の災害リーダーとなり得る児童・生徒を育てる支援事業として2014年から減災教育プログラムを実施している。今年度で7回目。
    学校での「防災・減災教育」への助成金、教員研修会や実践活動報告会、減災教育フォーラムを通して、学校での防災・減災教育を支援するプログラムとなっている。
    参加募集期間は、2020年6月22日〜7月22日(必着)
    参加方法などの詳細は公式サイトから確認できる。

  • 『「気候変動×防災」 国際シンポジウム ~気候変動に強靭な世界の実現のための機構アクション と防災、SDGsのシナジーの強化~』が、環境省、内閣府、国連防災機関主催により令和2年6月30日(火)WEB会議システム上で開催される。
    現在・将来の気象災害の激甚化を念頭に、気象災害の現状及び将来予測、気候変動への適応の取組状況から、気候変動対策と防災、SDGsのシナジーの強化を図ることを目的とし、武田 内閣府特命担当大臣(防災)、小泉 環境大臣、水鳥 UNDRRヘッドコーチによる議論などが予定されている。
    17時から、公式ページにて掲載されるYouTubeチャンネルにて閲覧が可能とのこと。

    開催告知チラシ

国・自治体、企業防災、NPO・中間組織、学校・PTA、自治会・町内会・管理組合、研究者の方それぞれのお立場で、関心のあるタグをお選びください。

新着順

  • 防災教育向けARアプリを開発!オープンソースソフトウェアとして公開

    防災教育向けARアプリを開発!オープンソースソフトウェアとして公開

    2017年01月27日

    避難所やAEDの位置などの防災関連情報や、訓練用に仮想設定した火災や土砂崩れ発生などの情報を、タブレット端末の画面上に可視化表示させる拡張現実(AR)アプリを開発。対象エリアにどのような災害リスクがあるのか? 近くにどのような防災関連施設が用意されているのか? などを現地(実際に訓練する場所)で地理空間的に認識することができる。また、アプリのプログラムコードやアイコン画像などを、オープンライセンスとして公開しており、他地域における防災教育へ活用することや、防災教育の目的に限らず、地域の観光や教育目的に容易に応用することが可能となっている。

  • 現在地危険性確認システム「ハザードチェッカー」

    現在地危険性確認システム「ハザードチェッカー」

    2017年01月13日

    兵庫県立大大学院応用情報科学研究科の研究チームが開発した防災のWebアプリ。住所や目印になる建物名を入力すると、南海トラフ巨大地震で想定される津波高や、数十年に1度の大雨による洪水で想定される浸水の深さが確認できる。近くにある避難所やリアルタイムの気象情報も知ることができる。

  • 災害時だけ家族の位置情報共有!防災アプリ「ココダヨ」

    災害時だけ家族の位置情報共有!防災アプリ「ココダヨ」

    2017年01月13日

    緊急地震速報などに連動して、災害が発生したときに限定して家族や大切な人の位置情報を自動通知するシステム。居場所や安否をグループ内で共有したり、災害時の安否とメッセージを一斉送信する機能などを備えている。また災害情報の表示や、避難所の情報などを表示する機能も搭載している。
    ▼株式会社ゼネテック 防災アプリ「ココダヨ」
    http://www.cocodayo.jp/

  • 災害時の要支援者安否、一斉に確認 10分で1万人対応 沖縄の企業が開発

    災害時の要支援者安否、一斉に確認 10分で1万人対応 沖縄の企業が開発

    2016年12月16日

    ITサービス事業を手掛けるブルー・オーシャン沖縄が、名簿台帳を活用し、登録された要支援者の安否を一斉に確認できるウェブシステム「グラスフォンfor防災」を開発。災害時に各自治体が管理する名簿台帳を活用し、登録された要支援者の固定電話や携帯電話に安否確認の一斉放送を発信。受け取った要支援者がプッシュボタンで選択し、返答することで状況を把握できる。
    ▼ブルーオーシャン沖縄 一斉同報安否確認システム“グラスフォンfor防災”をリリース
    http://boo-oki.com/?p=888

  • 国土地理院 平成28年度防災アプリケーション

    国土地理院 平成28年度防災アプリケーション

    2016年12月16日

    国土交通省国土地理院と水管理・国土保全局は、内閣府と協力して災害時等に役立つ防災アプリの公募に平成26年度から取り組んでいる。28年度は国土交通省が提供している「地点別浸水シミュレーション検索システム(浸水ナビ)」を効果的に活用した防災アプリケーションを公募し、水害対策や防災学習への有用性等の観点から、防災アプリ大賞及び4つの防災アプリ賞を決定した。
    ▼地点別浸水シミュレーション検索システム
    http://suiboumap.gsi.go.jp/

  • 女性のための防災セット『小町』

    女性のための防災セット『小町』

    2016年12月02日

    岩手県内陸部にある紫波町で暮らす4人の主婦が、被災地での支援活動をする中で、女性たちの声を参考に開発、制作販売。中身は、布ライナー2種、防災備忘録、アイマスク、ブランケット、キーホルダーライト、鏡、くし、エチケットセット、ボールペン。「普通の防災セットにはあまり含まれていないもの」で、かつ沿岸部の女性たちが「あのときほしかったもの」が入っている。
    ▼株式会社ループラス
    http://looplus.jp/

  • 内閣府 防災4.0遂行作戦

    内閣府 防災4.0遂行作戦

    2016年12月02日

    今後地球温暖化等の気候変動により、激甚化が予想される災害に備えるため「民間企業からのアイデア募集」と「市民参加のハッカソン開催」を2つの柱とする内閣府の「防災4.0」プロジェクト。防災に関心のある市民、技術力を社会のために還元したいと考えるエンジニア、持続的な事業として防災の課題を解決したいと考える企業など、誰でも参加できる。

  • ツクモル わたしの「つくる」があなたを「まもる」

    ツクモル わたしの「つくる」があなたを「まもる」

    2016年11月18日

    ツクモルは「わたしのつくるが、あなたをまもる」をコンセプトとし、災害に役立つグッズの委託販売や、防災グッズのワークショップを開催するなどしている。グッズの委託販売では、ハンドメイド作品やイラストのクリエイターを随時募集している。ワークショップでは、簡単なデコレーションを施す子ども向けから、本格的な道具を使った大人向けまで様々なものを行っている。

  • インプレスR&D、「震災ドキュメント」シリーズ創刊!全国から寄せられた貴重な記録をNextPublishingで発行。

    インプレスR&D、「震災ドキュメント」シリーズ創刊!全国から寄せられた貴重な記録をNextPublishingで発行。

    2016年11月18日

    株式会社インプレスR&Dは次世代出版メソッドNextPublishingにより、「震災ドキュメント」シリーズを創刊し、11月4日から販売を開始した。6月に緊急出版した『熊本地震体験記 -震度7とはどういう地震なのか?』に合わせて、全国の地震災害に関する出版企画募集を行い、そこで採用された熊本地震だけでなく、阪神・淡路大震災や東日本大震災を含む7タイトルが、本シリーズでラインナップされる。
    ▼「震災ドキュメント」シリーズ 紹介WEBページ
    http://nextpublishing.jp/shinsai-document

  • 被災した女性の体と心を守る「レスキューランジェリー」

    被災した女性の体と心を守る「レスキューランジェリー」

    2016年11月18日

    非常時の女性に必要な防災備蓄下着。ブラジャー・ショーツ・布ナプキン・洗剤・簡易洗濯バッグの5点で構成されている。洗濯は、防水加工された簡易洗濯バッグに下着と付属の洗剤、少量の水を入れ、つけおき&揉み洗いで行う。干す時は、洗濯バックを下着に被せて干すことができるので、他人に下着を見えないよう干せる。ファンクションの本間麻衣社長は、これまで災害時の下着の備えは、“自助”に当たるため、自分で用意しておく必要があったが、同製品をきっかけに自治体や企業の防災備蓄として認識してもらえるようにしていきたいと語っている。
    ▼非常時用防災備蓄下着「レスキューランジェリー」
    https://fanction.amebaownd.com/