運営
内閣府政策統括官(防災担当)
協力
防災推進協議会

防災教育チャレンジプラン

防災力の向上を目指す、防災教育活動の情報提供の場

2010年度 中学生防災隊プロジェクトチーム

プラン名 故郷は僕達の手で! ~中学生防災隊による地域防災力向上の取り組み
プランの対象 中学校の部
目的

これまで「大人を対象とした地域防災活動」を「中学生にひろげる」ことを目的としたプランで、中学生が今までなじみの薄かった「防災」をテーマにどれだけ関心を持ち、自ら活動してくれるか?また、自主防災会役員は地域自主防災会の活動に取り込むために、受け入れ環境をどう整えるか?がポイントです。

内容

1.中学生に、自分たちが住んでいる地域で過去に起きた三河地震など、歴史災害を理解してもらい、防災マインドを養う
2.「中学生防災隊」を結成する
3.中学生防災隊は、地域の自主防災会の一員として、防災訓練など防災イベントに参加する
4.安城防災ネットは、中学生向け防災学習テキストを作り、中学生防災隊が活躍するための防災体験講座を開く。また、平常時の活動として「地域防災訓練プログラム」を作る
5.受け入れ側の自主防災会は、中学生防災隊が伸びやかに!楽しく!活動できる環境を準備する

成果

1.中学生防災隊が、積極的に地域の防災力として活動できた。
2.自主防災会は、中学生を受け入れて防災訓練を行うことで、防災訓練に参加した住民が、防災に関心を持ち、大災害への備えに繋がる。
3.中学生防災隊プロジェクトの活動を通して、産官学民の連携が出来た。次年度以降「中学生防災隊プロジェクト」の継続に大きな力となる。
4.中学生防災隊が安城市総合防災訓練など、市内イベント会場での活躍で市民が防災に関心を持ち、安城市の防災力アップの一助となる。併せて積極的な活動が市長に認められ、次年度以降の中学生防災隊養成の活動に対し、安城市より支援の糸口をつまむことが出来る。
◆ 防災教育チャレンジプランの活動を進める中で、地域の産・官・学・民との連携ができた。次年度以降継続するための大きな力となり大収穫であった。

【製作物】
わが故郷は自分達の手で守る!.pdf

報告資料 最終報告書(PDF形式)
団体紹介

平成14年度から5年間、愛知県が主催する「あいち防災カレッジ」を修了した安城市在住の有志が中心となり、防災減災啓発活動を行うグループで、過去にこの地で発生、大きな被害を受けた三河地震の被災体験に学び未来の災害に備える活動に力をいれている。安城市民を大地震で死なせない!けが人を最小限にをコンセプトに安城市自主防災組織連絡協議会、行政、学校教育課、各種団体、社会福祉協議会などと連携し、防災力向上に努めている。市民憲章活動助成事業、市民企画講座、赤い羽根共同募金配分金を原資とした活動助成事業など効果的啓発活動を展開中。

連絡先 0566-92-1813(事務局 間瀬トシ子 電話・FAX番号)