まなべる、いかせる、つながれる。防災・減災のオンライン基地。

運営:防災推進協議会 企画編集:助けあいジャパン 協力:内閣府防災担当

「長野県神城断層地震災害記録集 記憶をつなぐ 未来につなぐ」の公表(長野県)

2018年5月18日

平成26年11月22日に長野県北部で発生した神城断層地震では、長野市、小川村、小谷村で震度6弱が、白馬村、信濃町で震度5強が観測され大きな被害が発生した。長野県では、特に住宅に関して、全壊が81棟と県内で記録された地震としては過去最大の被害が発生し、長野県災害対策本部による活動として様々な活動が行われた最大規模の災害とった。そのような災害への対応を通じて得られた教訓や課題を今後に活かすため、神城断層地震とその災害対応について、網羅的に記録された記録集を作成し、平成30年4月24日に公表した。

  • 関連タグ:

レビュー

メールアドレスが公開されることはありません。
お名前とメールアドレスは必須です。

書き込みは資料に関するレビューのみとして下さい。
資料についての質問、議論などは行わないで下さい。

関連記事(サイト内記事)

検索結果( 件)