まなべる、いかせる、つながれる。防災・減災のオンライン基地。

運営:防災推進協議会 協力:内閣府防災担当

防災関連ニュース

記事が削除される等の理由で、リンク切れとなる場合があります。ご了承下さい。

「プッシュ型支援」検証 静岡県、物資拠点運営見直し/静岡

2016年5月12日

静岡県の戦略物流推進本部会議は10日、県庁で本年度の初会合を開き、熊本地震の緊急物資受け入れの現地調査などを行い、静岡県の受援体制を検証する方針を確認した。熊本地震では、国が自治体の要請を待たずに必要な品目や量を見込んで届ける「プッシュ型支援」を実施した。ところが、熊本県の3カ所の物資拠点が機能不全となったため、国が自ら被災地外に物資拠点を設定し、これを経由して市町村に物資を搬送する措置を取ったとされる。防災先進県プロジェクトチームの担当者は、熊本地震の分析を踏まえて県内の広域物資拠点の設置運営マニュアル改正などに取り組むとした。難波副知事は「被災が広範囲になる南海トラフ巨大地震では、想定する被災3日後までに支援物資が届かないかもしれないと考えて家庭や避難所の備蓄量を検討する必要がある」と指摘した。【5月11日 静岡新聞より】
▼静岡県 ふじのくに戦略物流ビジョン
https://www.pref.shizuoka.jp/kikaku/ki-280/buturyuuvision.html