まなべる、いかせる、つながれる。防災・減災のオンライン基地。

運営:防災推進協議会 協力:内閣府防災担当

防災関連ニュース

記事が削除される等の理由で、リンク切れとなる場合があります。ご了承下さい。

「学ぶ防災」10万人 宮古・田老の震災ガイド/岩手

2016年5月16日

岩手県宮古市の田老地区で、宮古観光文化交流協会が手掛ける震災ガイド「学ぶ防災」の参加者が14日、累計10万人の大台に達した。2012年4月の開始から4年余り、震災遺構「たろう観光ホテル」や防潮堤で津波の猛威を伝え、防災意識の高揚につなげてきた。震災の風化が叫ばれる中、復興事業が着々と進む「津波防災のまち」の誘客プログラムとして定着している。学ぶ防災は30分~2時間のコースで、同ホテルや防潮堤、津波の教訓を伝える石碑などを回る。震災当時に田老一中生が避難したルートも設定され、津波防災の歴史を織り交ぜたガイドの切々とした語りと合わせ、五感に訴えるプログラムを重視する。参加者には、1団体当たり4000円の協力金を呼び掛けている。【5月15日 岩手日報より】
▼一般社団法人宮古観光文化交流協会・学ぶ防災
http://www.kankou385.jp/pickup/640.html

  • 関連タグ: