まなべる、いかせる、つながれる。防災・減災のオンライン基地。

運営:防災推進協議会 協力:内閣府防災担当

防災関連ニュース

記事が削除される等の理由で、リンク切れとなる場合があります。ご了承下さい。

「津波避難後半日は待機を」 高知大・岡村特任教授/愛媛

2016年4月12日

愛媛県宇和島市で9日、市民団体「STOP!伊方原発・南予連絡会」と「原発いらんぜ 宇和島市民の会」が主催し、南海トラフ巨大地震への備えや四国電力伊方原発に与える危険性などをテーマにした講演会が、道の駅「きさいや広場」で開かれた。高知大防災推進センターの岡村真特任教授(地震地質学)が講演で、宇和島市中心部の地図を示し「戦後の人口増加に伴い海を埋め立て市街地にしたことで、大きな被害が懸念される」と警鐘を鳴らした。また地震発生から約35分で3メートルの津波が襲来するが、最大の津波は約6時間後となる特徴を説明。「遠浅の海岸が要因」として、高台へ早急に避難し少なくとも半日は待機するよう呼び掛けた。 【4月10日 愛媛新聞より】

  • 関連タグ:

最新記事