まなべる、いかせる、つながれる。防災・減災のオンライン基地。

運営:防災推進協議会 協力:内閣府防災担当

防災関連ニュース

記事が削除される等の理由で、リンク切れとなる場合があります。ご了承下さい。

「自宅避難者」ほっと笑み 名古屋のNPO法人、市内で共同炊き出し/茨城

2015年10月15日

名古屋市のNPO法人「レスキューストックヤード」と常総市を拠点に活動する「たすけあいセンターJUNTOS」による共同の炊き出しが12日、常総市相野谷町の関東鉄道常総線北水海道駅前であった。自宅が復旧しないまま、避難所から戻った「自宅避難者」に、栄養のバランスの取れた食事を取ってもらうとともに、住民の孤立を防ぐのが狙い。この日は、ボランティア約10人が食事の準備の合間に、テントに茶と菓子を用意し、訪れた住民に声を掛けた。近所の女性は、濁流を逃れ、自宅の2階で一夜を過ごした水害体験をボランティアに話し、「家に戻ったら衣類が何もなかった」と話した。調理したウインナー入りの野菜スープとごはん200食は、すべてなくなり、住民らは楽しそうに味わっていた。【10月14日 東京新聞より】

  • 関連タグ: