まなべる、いかせる、つながれる。防災・減災のオンライン基地。

運営:防災推進協議会 企画編集:助けあいジャパン 協力:内閣府防災担当

防災関連ニュース

記事が削除される等の理由で、リンク切れとなる場合があります。ご了承下さい。

「道の駅」防災拠点に 静岡県内12カ所、非常用電源整備/静岡

2016年6月24日

静岡県が大規模災害に備え進めてきた静岡県内12カ所の「道の駅」の防災拠点化事業が完了し、21日夜、御前崎市合戸の道の駅「風のマルシェ御前崎」で初めての訓練を実施した。2012年度から県が管理する道路に隣接する道の駅で、非常用電源や災害情報を知らせる大型モニター、非常用トイレなどを整備し、15年度末で完了した。訓練には県や市の担当者、風のマルシェの管理者ら5人が参加。非常用電源を動かし、大型モニターを設置した情報コーナーやトイレの電気、外灯がつくかどうかをチェックした。他の道の駅でも7月6日まで順次、運用訓練を実施する。【6月22日 静岡新聞より】
▼静岡県 道の駅の防災拠点化
https://www.pref.shizuoka.jp/kensetsu/ke-210/road_action/credibility/roadside_station.html

  • 関連タグ: