まなべる、いかせる、つながれる。防災・減災のオンライン基地。

運営:防災推進協議会 協力:内閣府防災担当

防災関連ニュース

記事が削除される等の理由で、リンク切れとなる場合があります。ご了承下さい。

「防災・火山センター」態勢強化 九地整/福岡

2015年10月2日

大規模災害が相次ぐ中、国土交通省九州地方整備局は、福岡県久留米市に本部がある「九州防災・火山技術センター」の態勢を強化している。かつては風水害などへの対応が中心だったが、2013年に火山災害に対応できる態勢を構築。全国の9地方整備局のうち、火山技術部門があるのは九地整だけ。4月にはJAXAと、人工衛星「だいち2号」からのデータ提供に関する協定を締結した。今年9月には全国の地方整備局で初めて、土砂災害対策の訓練や人材育成などを行う部署を設置。様々な災害対応で得たノウハウを、九州だけでなく他地域の整備局や自治体にも伝える。【10月1日 読売新聞より】

  • 関連タグ: