まなべる、いかせる、つながれる。防災・減災のオンライン基地。

運営:防災推進協議会 企画編集:助けあいジャパン 協力:内閣府防災担当

防災関連ニュース

記事が削除される等の理由で、リンク切れとなる場合があります。ご了承下さい。

【地域防災】中越沖地震の発生から12年 被災地の柏崎市で避難訓練/新潟

2019年7月17日

2007年の中越沖地震発生から12年となった16日、新潟県柏崎市で全市一斉の地震対応訓練が行われた。中越沖地震は柏崎市や刈羽村などで最大震度6強を観測した。15人が死亡、2316人が重軽傷を負い、全壊1331棟を含む4万4318棟の住宅が被災した。訓練は市防災会議の主催で3回目。防災行政無線を合図に、職場や家庭などでシェイクアウトと呼ばれる「姿勢を低くし、頭を守り、揺れが収まるまで動かない」の3つの安全確保行動を約1分間続けた。北鯖石地区では、地域住民が高齢者の住居を回って安否確認を行い、北鯖石コミュニティセンターまで避難する訓練をした。参加した柏崎市中田に住む農業の男性は「毎年訓練をやることで12年前を思い出し、繰り返し訓練に参加することが大事だ。それぞれの町内や班で毎年改善を重ねている」と話した。【7月16日 新潟日報より】 ▼柏崎市 令和元(2019)年度「かしわざき市民一斉地震対応訓練」を行います http://www.city.kashiwazaki.lg.jp/bosai/bosai-bohan/kunren/1905201000.html

  • 関連タグ: