まなべる、いかせる、つながれる。防災・減災のオンライン基地。

運営:防災推進協議会 企画編集:助けあいジャパン 協力:内閣府防災担当

防災関連ニュース

記事が削除される等の理由で、リンク切れとなる場合があります。ご了承下さい。

【地域防災】外国人の避難をヘルプ 宮城・遠田消防署、リーフレット作成

2020年3月23日

外国人が災害時に適切に避難できるようにと、宮城県涌谷町の遠田消防署は、防災リーフレット「RUN AWAY」を作成した。リーフレットでは、地震や台風の発生時に「走らない」「しゃべらない」「混乱しない」の3つのポイントを掲げた。「備え」のポイントを図で示し、非常時のチェック項目や河川、土砂災害での危険箇所を併記した。同消防署の消防士長谷川竜斗さんが発案。2年前、通報を受けて外国人宅で消防活動をした際、避難誘導などで意思疎通が不便だった経験から、言葉の壁を越えた災害対応の必要性を感じたということである。昨年の台風19号での災害救助活動を経て、リーフレットのアイデアを膨らませ、同年12月に美里町内の外国語指導助手3人の協力を得ながら作成。1月23日に仙台市青葉区の市消防局であった若手消防士による意見発表会で報告し、最優秀賞に選ばれた。美里、涌谷両町の役場や公共施設、宿泊施設でのリーフレットの掲示や配布を呼び掛けている。【3月22日 河北新報より】

  • 関連タグ: