まなべる、いかせる、つながれる。防災・減災のオンライン基地。

運営:防災推進協議会 企画編集:助けあいジャパン 協力:内閣府防災担当

防災関連ニュース

記事が削除される等の理由で、リンク切れとなる場合があります。ご了承下さい。

【地域防災】水害時の車の避難マップ 惇明地区が作り全戸配布/京都

2020年3月24日

京都府福知山市の惇明地区自治会長会は、洪水時に車を駐車できる地区内の施設の場所を示した「自動車避難マップ」を作った。自治会長会の防災会は昨年8月、大雨の際に出される警報など防災気象情報の切迫度を5段階に分けた「警戒レベル」の説明チラシを全戸配布した。チラシ作成と並行して、自動車避難マップ作りも計画。洪水発生時に駐車可能な施設がどれだけあるかを調べてまとめ、9月の防災訓練時には、各自治会が実施した車での避難訓練で検証した。マップは、市発行の防災ハザードマップを基にしていて、駐車できる施設は南陵中学校、伯耆丸公園など11カ所を挙げ、地図上に番号を付けて示した。各施設の駐車可能台数や収容人数も記載。地区外の広域避難所などの場所や台数も示している。記した注意事項は、車で避難する場合、周辺の浸水状況を確認し、特に夜間は注意が必要と呼びかけている。このほか、救急車両の通行の妨げになる路上駐車の禁止を訴え、平常時から避難経路や場所の確認をと促している。【3月23日 両丹日日新聞より】

  • 関連タグ: