まなべる、いかせる、つながれる。防災・減災のオンライン基地。

運営:防災推進協議会 企画編集:助けあいジャパン 協力:内閣府防災担当

防災関連ニュース

記事が削除される等の理由で、リンク切れとなる場合があります。ご了承下さい。

【地域防災】緑区防災作業隊 災害に備えた体制拡充 横浜/神奈川

2020年9月14日

震度5強以上の地震が発生した際など、市からの協力要請を待たずに緊急巡回や応急処置などを行う神奈川県横浜市の「緑区防災作業隊」に新たな1社が加入し、緑土木事務所で1日、協力会社証明書交付式が行われた。緑区防災作業隊は、一般社団法人横浜建設業協会緑区会で編成される組織。横浜市と横浜建設業協会は、災害発生時の道路巡回パトロールや緊急点検などの協力要請と応急活動について協定を結んでいる。2014年10月の台風18号に伴う白山で発生した崖崩れ災害の際、応急資機材や応急仮設工事の対応を行った。また、2018年1月の大雪の際は各駅の周辺や幹線道路などで除雪や融雪剤散布作業を行い、市民の安全な歩行や通行の確保に努めた。また、災害時に備え、震災対策訓練や情報受伝達訓練、工事安全パトロールなどを行っている。【9月10日 タウンニュースより】

  • 関連タグ: