まなべる、いかせる、つながれる。防災・減災のオンライン基地。

運営:防災推進協議会 企画編集:助けあいジャパン 協力:内閣府防災担当

防災関連ニュース

記事が削除される等の理由で、リンク切れとなる場合があります。ご了承下さい。

【地域防災】被害や気象情報を地図で一覧 熊本市、新防災システム始動

2020年5月7日

熊本県熊本市は、熊本地震の経験を踏まえ、災害時の被害や気象情報を地図情報と連動させて一元管理する新しい防災情報システムの運用を始めた。新システムは、職員がスマートフォンやタブレット端末で撮影した災害現場の画像や文字情報を送信すると、地図上にアイコンが現れる仕組み。市民から寄せられた被害情報も職員が入力すれば地図に反映される。「土砂災害」「家屋被害」「けが人」など被害情報のほか「避難所」の開設状況、「水位計」「雨量計」も警戒度に応じて色分けして表示される。被災者の個人情報を含むため、外部からの閲覧はできない。災害対応に当たる職員が運用する。市は新システムの構築に合わせ、避難所の開設状況や避難勧告・指示などをまとめた市民向けの「防災情報ポータルサイト」も開設した。【5月5日 熊本日日新聞より】
▼熊本市 防災ポータル
https://www.city.kumamoto.jp/bousai/hpkiji/pub/Default.aspx?c_id=5&class_set_id=8

  • 関連タグ: