まなべる、いかせる、つながれる。防災・減災のオンライン基地。

運営:防災推進協議会 企画編集:助けあいジャパン 協力:内閣府防災担当

防災関連ニュース

記事が削除される等の理由で、リンク切れとなる場合があります。ご了承下さい。

【地域防災】豪雨被害1か月 熊本の感染者急増 感染防止し復旧進める課題に

2020年8月6日

記録的な豪雨によって、熊本県で甚大な被害が出てから、4日で1か月となった。熊本県内ではこの間、新型コロナウイルスの感染者が5倍近くに急増していて、感染の心配などから、被災した自宅で「在宅避難」を続ける人が500人以上いることが、県の調査でわかっている。NHKが7月下旬、熊本県人吉市、球磨村、八代市坂本町、芦北町で被災した104人を対象に行った聞き取りでのアンケート調査でも、32%の人が新型コロナウイルスが生活再建に影響を及ぼしていると回答し、受け入れが県内に限られているボランティアなどの人手不足や、感染対策をしながらの避難所生活の不便さなどを訴える声が多く聞かれた。このほかにも「片づけに追われて、精神的に参っていて心のケアを求めたい」とか、「車が壊れて移動手段がなく通院ができない」などといった声も寄せられ、被災者が生活面で抱える課題は多岐にわたっている。【8月4日 NHKニュースより】

  • 関連タグ: