まなべる、いかせる、つながれる。防災・減災のオンライン基地。

運営:防災推進協議会 企画編集:助けあいジャパン 協力:内閣府防災担当

防災関連ニュース

記事が削除される等の理由で、リンク切れとなる場合があります。ご了承下さい。

【地域防災】身近な危険と防災、触れて もえぎ野中が校外学習/神奈川

2020年11月30日

神奈川県横浜市のもえぎ野中学校が2年生を対象に16日、「防災フィールドワーク」を実施した。生徒たちは班ごとに分かれ、災害時に避難することになる地域防災拠点のほか鶴見川などのチェックポイントを巡り、防災に関するクイズに参加。チェックポイントの一つとなった赤田西公園のグラウンドでは、大雨などの災害時に貯水池として雨水を貯められることからその面積を尋ねる問題が出題され、生徒たちが歩いて面積を調べていた。また、生徒・保護者がフィールドワークの内容を視聴できるよう当日は動画撮影も行われた。今回、災害時に自分の身を守る行動を生徒に身に付けてもらうと同時に、班行動での実践を通して来年の修学旅行につなげようと実施。事前学習では生徒たちが班ごとにハザードマップも制作しており、身近な地域に潜む危険について直接、目で見て理解を深めていた。【11月26日 タウンニュースより】
▼横浜市立もえぎ野中学校 防災フィールドワーク
https://www.edu.city.yokohama.lg.jp/school/jhs/moegino/index.cfm/1,2575,44,217,html

  • 関連タグ: