まなべる、いかせる、つながれる。防災・減災のオンライン基地。

運営:防災推進協議会 企画編集:助けあいジャパン 協力:内閣府防災担当

防災関連ニュース

記事が削除される等の理由で、リンク切れとなる場合があります。ご了承下さい。

【地域防災】避難所を開設し誘導 大河原中で受け入れ訓練実施/宮城

2020年2月12日

宮城県大河原町大河原中学校で昨年11月に結成した防災プロジェクトチームの1、2年生16人が8日、大規模水害を想定した避難所開設と避難者約50人の受け入れ訓練を、同校で初めて実施した。訓練は大雨特別警報が発令され、町内が浸水したと想定。16人は校舎3、4階の教室の机などを片付けて避難所を設け、避難者の名簿を作成するなどした。避難者役の保護者らを、家族や負傷者などに分けて避難所の教室に誘導し、水や食料、毛布を配布した。チーム結成は昨年10月の台風19号被害がきっかけ。当時、同校には住民約350人が避難してきたが、想定外の人数に十分対応できなかった。同様の災害が発生しても、生徒が対応できるように訓練の準備を進めてきた。【2月9日 河北新報より】
▼大河原町大河原中学校 避難所開設訓練について
http://ogawara-k.miyagi.jp/daichu/nc/htdocs/index.php?key=jovucpu8e-55#_55

  • 関連タグ: