まなべる、いかせる、つながれる。防災・減災のオンライン基地。

運営:防災推進協議会 企画編集:助けあいジャパン 協力:内閣府防災担当

防災関連ニュース

記事が削除される等の理由で、リンク切れとなる場合があります。ご了承下さい。

【地域防災】開院、開局ひと目で判断 災害時は赤・黄旗目印に/神奈川

2021年2月5日

神奈川県横浜市港北区内の医療機関は、災害時にも診療可能・開局中であることを知らせる「災害時のぼり旗」の掲出訓練を、1月17日から23日まで行った。港北区は、震度6以上の大規模地震が発生した場合、被災を免れて診療可能な病院、診療所は「診療中」、処方箋を調剤できる薬局は「開局中」と書かれたのぼり旗やフラッグを掲出する。同区内では期間中、港北区医師会や港北区薬剤師会に所属する医療機関が黄色ののぼり旗、フラッグを掲出した。災害拠点病院として、災害時に生命の危険がある重症患者に対応する横浜労災病院は、赤色の旗を掲出した。港北区役所は、「日ごろから地域にある医療機関の場所を知っておきましょう」としている。【2月4日 タウンニュースより】
▼港北区 港北区の災害時医療
https://www.city.yokohama.lg.jp/kohoku/kurashi/bosai_bohan/saigai/iryo/iryou.html

  • 関連タグ: