まなべる、いかせる、つながれる。防災・減災のオンライン基地。

運営:防災推進協議会 企画編集:助けあいジャパン 協力:内閣府防災担当

防災関連ニュース

記事が削除される等の理由で、リンク切れとなる場合があります。ご了承下さい。

【技術・仕組】「防災蓄電池」 大阪市大発ベンチャーなど開発

2019年8月9日

大阪市と大阪市立大、同大学発ベンチャー企業の三谷電池技術研究所合同会社は9月1日から、同社が開発している「防災用蓄電池」の実証実験を大阪市東成区で開始する。同社が開発している防災用蓄電池は、電解液に塩水を用いておりレアメタルを使用しないため、発火などの事故や供給面でのリスクが低く、コストを抑えることも可能。「防災とエコを両立した画期的な次世代の蓄電池」(宮野道雄・同大学学長補佐)として期待が寄せられている。実証実験では、防災用蓄電池を同市東成区内の避難所に設置。9月1日に行われる避難訓練の際に、市民にスマホへの充電を体験してもらい、利用者の生の声を聞く。1年程度をかけて電池の安定性や使いやすさ、劣化が少ないことやメンテナンスなどを検証し、マーケットの拡大につなげたい考えである。【8月8日 大阪日日新聞より】
▼大阪市立大学 防災用蓄電池を市民が体験利用!防災用蓄電池の実証実験に関する連携協定を締結
https://www.osaka-cu.ac.jp/ja/news/2019/190709

  • 関連タグ: