まなべる、いかせる、つながれる。防災・減災のオンライン基地。

運営:防災推進協議会 企画編集:助けあいジャパン 協力:内閣府防災担当

防災関連ニュース

記事が削除される等の理由で、リンク切れとなる場合があります。ご了承下さい。

【技術・仕組】「雨水幹線」小学生が見学…地下トンネルで浸水被害から町を守る 神戸/兵庫

2018年9月14日

兵庫県神戸市が西河原・今津・高津橋地区の浸水被害対策として整備している地下トンネル「西河原1号雨水幹線」で12日、地元の小学生を招いた見学会が開かれた。市立高津橋小の4年生35人が、運用が始まると入ることができなくなるトンネル内を歩いて見学した。同地区は河川に囲まれた低い地形で、4日に県内を通過した台風21号で地区一帯の道路が冠水するなど、過去5年間で10回以上の浸水被害を受けている。見学会は、神戸を浸水から守る雨水幹線について理解を深めてもらおうと市が企画。市の職員が仕組みや役割について説明した後、児童らは地下に降りてトンネル内を見学した。【9月13日 産経WESTより】
▼神戸市 西河原1号雨水幹線 現場見学会
http://www.city.kobe.lg.jp/information/press/2018/08/20180824301502.html

  • 関連タグ: