まなべる、いかせる、つながれる。防災・減災のオンライン基地。

運営:防災推進協議会 企画編集:助けあいジャパン 協力:内閣府防災担当

防災関連ニュース

記事が削除される等の理由で、リンク切れとなる場合があります。ご了承下さい。

【技術・仕組】キヤノンMJと東京海上、災害時の保険手続きを効率化

2020年3月12日

キヤノンマーケティングジャパンと東京海上日動火災保険は共同で、広域災害時の保険の対応を効率化するシステムを構築した。システム名は「立会最適マッチングシステム」。災害時の立ち会い調査の予約から立ち会い計画までの業務内容を自動化する。被害の受け付けから立ち会い調査の日程調整まで、これまで1~2週間かかっていたものが、システムを活用することで、1日程度に短縮できるということである。これまでの立ち会い調査の対応では、物件の構造や所在地の状況に合わせて、対応できるスキルや経験を持った担当者を手配することに労力がかかっていた。同システムの導入により、保険契約者はスマートフォンなどのモバイル端末で立ち会い調査の予約ができるようになる。東京海上日動は調査をする物件の情報や立ち会いする担当者のスキルの情報を一元で管理できるようになり、業務を効率化できる。【3月11日 日本経済新聞より】
▼キヤノンマーケティングジャパン 広域災害の調査業務を効率化する「立会最適マッチングシステム」東京海上日動火災保険と共同で構築
https://canon.jp/newsrelease/2020-03/pr-jirei-tokyokaijo.html

  • 関連タグ: