まなべる、いかせる、つながれる。防災・減災のオンライン基地。

運営:防災推進協議会 企画編集:助けあいジャパン 協力:内閣府防災担当

防災関連ニュース

記事が削除される等の理由で、リンク切れとなる場合があります。ご了承下さい。

【技術・仕組】スパコン「富岳」 高い確率で「線状降水帯」予測 気象庁が解析

2020年11月4日

気象庁の気象研究所は、熊本県で球磨川の氾濫を引き起こした「線状降水帯」の豪雨について事前の予測が可能だったか、世界一の計算速度を誇る理化学研究所のスーパーコンピューター「富岳」を使って解析した。その結果、球磨川流域では氾濫が発生した半日前に、積算雨量が200ミリに達する豪雨が、60%の確率で予測できたということである。通常の予報では、この時点で豪雨になるとは予測できておらず、今後が期待されるが、「富岳」のようなスーパーコンピューターを常に使うことはできないため、実用化にはかなりの時間がかかるとしている。気象研究所の川畑拓矢研究室長は「研究結果をもとに、災害リスクの予測や住民の避難につながりやすい情報の出し方について、研究に生かしていきたい」と話している。【11月3日 NHKニュースより】

  • 関連タグ: