まなべる、いかせる、つながれる。防災・減災のオンライン基地。

運営:防災推進協議会 企画編集:助けあいジャパン 協力:内閣府防災担当

防災関連ニュース

記事が削除される等の理由で、リンク切れとなる場合があります。ご了承下さい。

【技術・仕組】台風進路予報 精度向上で予報円の半径20%縮小

2019年6月14日

台風の進路予報について、気象庁は新しいスーパーコンピューターの導入や計算プログラムの改善により精度が向上したとして、次の台風から予報円の半径を従来よりおよそ20%小さくして発表することになった。去年9月、近畿地方を中心に大きな被害をもたらした台風21号を例に比較すると、予報円の半径は24時間後で110キロから60キロに、48時間後で200キロから110キロに、5日先で650キロから520キロに縮小できるということである。風速25メートル以上の暴風に警戒が必要な範囲についても絞り込んで発表できるということで、気象庁は次の台風から新たな手法に基づく発表を始めることにしている。気象庁は「効果的な防災対応につながることを期待したいが、中心が予報円に入る確率はこれまでどおり70%なので、油断せず最新情報に注意してもらいたい」と話していた。【6月13日 NHKニュースより】
▼気象庁 台風進路予報の改善について
https://www.jma.go.jp/jma/press/1906/12a/20190612_typhoon_yohoen.html

  • 関連タグ: