まなべる、いかせる、つながれる。防災・減災のオンライン基地。

運営:防災推進協議会 企画編集:助けあいジャパン 協力:内閣府防災担当

防災関連ニュース

記事が削除される等の理由で、リンク切れとなる場合があります。ご了承下さい。

【技術・仕組】大人3人15分で完成 「段ボール診療室」 福島、被災地の知恵

2020年5月15日

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、工具なしですぐに組み立てられる段ボール製簡易型診療室の需要が、医療機関で高まっている。福島県須賀川市の神田産業が開発した簡易型診療室は、段ボール表面に強化処理を施したパネルを組み合わせるつくりで、大人3人が15分ほどで完成させられる。契機となったのは、東日本大震災と東京電力福島第1原発事故。神田雅彦社長らは避難所に段ボールを寄付したが、寒さ対策で床に敷く程度しか用途がなかった。「段ボール素材はもっと役立つはず」との思いから、商品開発に着手した。医師の助言を取り入れ、清潔な環境を保つための清掃のしやすさなどに工夫を凝らした。2016年の熊本地震では、熊本県宇城市の避難所に授乳室などとして設置されたほか、2018年の西日本豪雨では岡山県倉敷市で、仮設トイレ設置用の空間として活用。昨年10月の台風19号では、浸水被害を受けた本宮市の病院で使われた実績がある。【5月13日 河北新報より】
▼神田産業株式会社
http://www.kanda-package.com/

  • 関連タグ: