まなべる、いかせる、つながれる。防災・減災のオンライン基地。

運営:防災推進協議会 企画編集:助けあいジャパン 協力:内閣府防災担当

防災関連ニュース

記事が削除される等の理由で、リンク切れとなる場合があります。ご了承下さい。

【技術・仕組】学生開発の電子回覧板で防災情報/千葉

2021年2月25日

一昨年の台風で大きな被害を受けた千葉県館山市で、高齢者に自治体からの防災などの情報をわかりやすく伝えようと、電子回覧板の開発が県内の木更津工業高等専門学校の学生たちによって進められている。この電子回覧板は、液晶画面のように文字を表示させる「電子ペーパー」が組み込まれていて、市からの防災行政無線の情報を受信して、随時、表示される仕組み。大きさは縦26センチ、横33センチ、厚みが4センチのコンパクトなサイズで、家の中で壁に掛けて気軽に使用することができる。今月19日からこの電子回覧板を富崎地区の高齢者の家に10台設置する実証実験が始まった。開発チームの原田そらさんは、今後も実証実験を進めて、住民から意見を聞き実用化を目指したいとしていて、「電子回覧板は通信費や電気代が安く抑えられパソコンを扱うことができない高齢者に優しいシステムで、災害時に情報を入手するのが難しい方も安心して使える」と話している。【2月22日 NHKニュースより】

  • 関連タグ: