まなべる、いかせる、つながれる。防災・減災のオンライン基地。

運営:防災推進協議会 企画編集:助けあいジャパン 協力:内閣府防災担当

防災関連ニュース

記事が削除される等の理由で、リンク切れとなる場合があります。ご了承下さい。

【技術・仕組】熊本地震 液状化被害地盤対策工事熊本市が実証実験公開/熊本

2018年5月15日

熊本地震で液状化被害に見舞われた熊本県熊本市南区近見地区で検討されている地盤対策工事について、市は12日、住民向けに実証実験の現場を公開する現地見学会を初めて開いた。検討中の対策工事では、地下水位を下げて地盤を安定させる「地下水位低下工法」を採用する予定。しかし、地下水位を下げることで地盤沈下が起きる恐れもあり、市は今年4月から導入に向けた実証実験を続けている。実験は、同地区内の公園に模擬家屋を設け、実際の工事と同じ工法で地下水をくみ上げながら、地下水位や地盤の変化を調査。夏まで収集したデータを基に工法の有効性を検討するということである。見学会では、市職員が図を示しながら実験内容を説明し、地質調査で採取した標本を展示した。【5月13日 毎日新聞より】
▼熊本市 実証実験の現場見学会の実施について
https://www.city.kumamoto.jp/hpKiji/pub/detail.aspx?c_id=5&id=19211&class_set_id=2&class_id=2639

  • 関連タグ: