まなべる、いかせる、つながれる。防災・減災のオンライン基地。

運営:防災推進協議会 企画編集:助けあいジャパン 協力:内閣府防災担当

防災関連ニュース

記事が削除される等の理由で、リンク切れとなる場合があります。ご了承下さい。

【技術・仕組】社屋や工場、個別地点の津波予測…東京海上など開発へ

2019年8月23日

東京海上ホールディングスと防災科学技術研究所が、巨大地震を想定し、個別の地点ごとに津波に襲われる確率や浸水被害などを予測するシステムを、共同で開発することが分かった。来年度をめどに企業や自治体に提供し、津波対策やBCPに役立ててもらう。予測では、政府の地震想定や個別地点の地形、堤防の高さなどのデータをAIで分析し、地域ごとに想定される津波の高さ、浸水被害の程度などを算出する。当面の予測の対象は、大規模な被害が想定される南海トラフ、千島海溝、日本海溝、相模トラフを震源とする地震。いずれも太平洋側で、今後、日本海側の断層を震源とする地震も対象に加える計画である。開発するシステムは、起こりうる最大クラスの被害を想定した政府による津波の被害予測に比べ、きめ細かいのが特徴。社屋や工場など、事業所ごとの詳細な避難計画づくりなどにも活用してもらう考えである。【8月16日 読売新聞より】

  • 関連タグ: