まなべる、いかせる、つながれる。防災・減災のオンライン基地。

運営:防災推進協議会 企画編集:助けあいジャパン 協力:内閣府防災担当

防災関連ニュース

記事が削除される等の理由で、リンク切れとなる場合があります。ご了承下さい。

【技術・仕組】防災気象情報×地図で防災活動の迅速な意思決定を支援

2021年5月18日

GIS(地理情報システム)ソフトウェア国内最大手のESRIジャパン株式会社と「特務機関NERV防災」アプリを提供するゲヒルン株式会社は、ESRIジャパンが提供するロケーションインテリジェンスプラットフォームArcGIS(アークジーアイエス)上で、ゲヒルンが提供する土砂災害・浸水害・洪水害の危険度や気象特別警報等の防災気象情報をリアルタイムで配信する新サービス「ESRIジャパン データコンテンツ Online Suite 気象オンラインサービス(ゲヒルン版)」を開始した。企業が持つデータとゲヒルンが提供する防災気象情報を重ね合わせ解析に利用することで、影響を受ける拠点や従業員数などを瞬時に把握できるようになる。【5月13日 ゲヒルン株式会社より】
▼気象オンライン サービス(ゲヒルン版)
https://onlinesuite-gehirn-ej.hub.arcgis.com/

  • 関連タグ: