まなべる、いかせる、つながれる。防災・減災のオンライン基地。

運営:防災推進協議会 企画編集:助けあいジャパン 協力:内閣府防災担当

防災関連ニュース

記事が削除される等の理由で、リンク切れとなる場合があります。ご了承下さい。

【技術・仕組】AIアナウンサーが防災情報発信 函館・FMいるか運用開始 英語と中国語の放送も/北海道

2020年10月2日

北海道函館市元町のコミュニティーFM局「FMいるか」は1日、「AIアナウンサー」が防災情報を発信するシステムの運用を始めた。同局によると、AIを使った防災気象情報システムを導入するのは、道内の民放ラジオ局やコミュニティー放送局では初めて。災害発生時に職員が不在でも、自動的に割り込んで災害情報を速報するなどし、素早い情報発信が可能となる。全国で豪雨被害が相次ぐ中、深夜や早朝などの時間帯に災害が起きる恐れもあることから、防災情報を24時間発信する体制を強化する狙い。音声合成システムの開発会社「アイダス」が独自に開発したシステムを導入し、1年かけて運用開始に向けて準備を進めてきた。【10月1日 北海道新聞より】
▼FMいるか FMいるかの防災情報等の伝え方が変わります!
http://www.fmiruka.co.jp/event_topics/2020/0924-9714/

  • 関連タグ: