まなべる、いかせる、つながれる。防災・減災のオンライン基地。

運営:防災推進協議会 企画編集:助けあいジャパン 協力:内閣府防災担当

防災関連ニュース

記事が削除される等の理由で、リンク切れとなる場合があります。ご了承下さい。

【技術・仕組】JR西、雨量観測に新方式 レーダーが局地豪雨も感知

2020年9月28日

JR西日本は24日、局地的な豪雨を把握する新システムを在来線の全路線に導入すると発表した。これまでは各路線に平均12キロメートル間隔で設置した雨量計で観測し、列車の停止・徐行を判断していたが、雨量計から離れた場所の局地的な豪雨は把握しにくかった。新システムは気象庁や国土交通省のレーダーによる雨量情報を活用する。レーダーは電波によって広範囲の降雨を観測可能。各地の雨量計による「点」のデータだけでなく、降雨状況を「面」で把握できるようになる。JR西は9月23日から、京阪神エリアの在来線の主要路線で新システムを運用。同社管内の他の在来線でも順次、運用を始める。JR東海も同様の新システムを6月に在来線の全区間で導入済み。JR西は、新幹線の路線は今の雨量計で判断できるとしており、新システム導入は予定していない。【9月24日 日本経済新聞より】
▼JR西日本 局地的な大雨に対するさらなる安全性向上
https://www.westjr.co.jp/press/article/items/200924_00_anzenseikoujyou.pdf

  • 関連タグ: