まなべる、いかせる、つながれる。防災・減災のオンライン基地。

運営:防災推進協議会 企画編集:助けあいジャパン 協力:内閣府防災担当

防災関連ニュース

記事が削除される等の理由で、リンク切れとなる場合があります。ご了承下さい。

【技術・仕組】SNS投稿から災害状況を把握するシステム、防災訓練に活用へ 慶応大などがガイドライン公開

2018年4月16日

慶応義塾大学、情報通信研究機構(NICT)、防災科学技術研究所(NIED)は12日、地方公共団体などが災害時の情報分析にAIを活用するための訓練ガイドライン(暫定版)を公開した。近年、被災者がSNSで災害に関する情報を発信するケースが増え、救助活動の状況判断などに役立つと考えられている。しかしSNSへの投稿は膨大で、人の手で情報を選択するのは困難なことから、AI(自然言語処理)技術を使って必要な情報を整理、分析する「SNS情報分析システム」の活用が期待されている。ガイドラインではSNS情報分析システムや、災害対応を行う組織間の情報共有を支援する「府省庁連携防災情報共有システム(SIP4D)」の活用を想定。3者は「防災訓練にSNS情報分析システムを取り入れ災害時の切迫した状況でもシステムを間違いなく使用できるよう備えることが大切」とし、今後も防災や減災分野への人工知能技術の導入を目指す他、社会状況に合わせてガイドラインの内容も見直していくということである。【4月13日 ITmedia NEWSより】
▼慶應義塾大学SFC研究所 「AIを活用した災害時のSNS情報分析のための訓練ガイドライン」の策定・公表
https://www.kri.sfc.keio.ac.jp/ja/press_file/20180412_bosai.pdf

  • 関連タグ: