まなべる、いかせる、つながれる。防災・減災のオンライン基地。

運営:防災推進協議会 企画編集:助けあいジャパン 協力:内閣府防災担当

防災関連ニュース

記事が削除される等の理由で、リンク切れとなる場合があります。ご了承下さい。

【普及啓発】「世界津波の日」震災遺構 中浜小学校が無料公開 山元町/宮城

2020年11月6日

「世界津波の日」の5日、東日本大震災の津波で被災し、震災遺構として整備された宮城県山元町の中浜小学校が無料で公開された。山元町の中浜小学校は、高さ10メートルを超える津波で、2階建ての校舎の天井近くまで浸水したが、児童など90人は屋上の屋根裏倉庫に避難して助かった。その後、教訓を伝える震災遺構として整備され、今年9月から有料で入館者を受け入れてきた。訪れた人たちは、語り部の案内で津波の爪痕が残る校舎を見て回り、木やがれきを巻き込んで襲ってくる津波の恐ろしさなどについて説明を受けた。また児童たちが避難した屋上の屋根裏倉庫では、子どもたちの記憶に残らないように教員たちが津波を見せなかったことや、寒さをしのぐためにコンクリートの床に模造紙や段ボールを敷き詰めたことが紹介された。【11月5日 NHKニュースより】
▼山元町 震災遺構中浜小学校の一般公開について
https://www.town.yamamoto.miyagi.jp/soshiki/20/8051.html

  • 関連タグ: