まなべる、いかせる、つながれる。防災・減災のオンライン基地。

運営:防災推進協議会 企画編集:助けあいジャパン 協力:内閣府防災担当

防災関連ニュース

記事が削除される等の理由で、リンク切れとなる場合があります。ご了承下さい。

【普及啓発】「避難所の体育館、洋式トイレに」 知立の児童、議会に陳情/愛知

2020年3月2日

災害時に市民も利用する体育館トイレの洋式化やバリアフリー化を求めて、愛知県知立市八ツ田小学校の5年生が出した陳情が2月25日、市議会3月定例会に上程された。5年生は総合学習の授業で昨秋から防災を勉強。班に分かれ、地域住民向けに備えを呼び掛ける配布物を作るなどしている。避難所の準備を考える班は、校舎の点検を通して市の避難所に指定されている体育館のトイレに男女用とも洋式便器が無い点に着目。「足が不自由な人やけがをしている人、小さな子は和式だと使えないのでは」と考えた。行政に意見や希望を表明する手段として陳情があると教員に聞き、班のメンバーは提出を決めた。八ツ田小は地元市議を招き、5年生全員で陳情の仕組みを学習。全員で出し合った意見を班が集約し陳情にまとめた。班の8人が2月13日、議会事務局を訪れ、議長宛てに陳情書を提出した。陳情は定例会初日、常任委員会への付託が決定。3月10日の企画文教委で審査される。【2月26日 中日新聞より】

  • 関連タグ: