まなべる、いかせる、つながれる。防災・減災のオンライン基地。

運営:防災推進協議会 企画編集:助けあいジャパン 協力:内閣府防災担当

防災関連ニュース

記事が削除される等の理由で、リンク切れとなる場合があります。ご了承下さい。

【普及啓発】「防災士」取得16万人超 地域力強化、行政も支援

2019年1月17日

阪神・淡路大震災を機に始まった民間資格「防災士」の取得者が、昨年末で16万1650人に達した。防災の専門知識を持ち、地域の防災活動や災害時の避難誘導などを行う。取得者が増加した背景には、東日本大震災などで行政の対応能力の限界が明らかになり、地域の防災力強化が求められるようになった状況がある。大災害の被災地での取り組みが目立ち、2014年の土砂災害と昨年の西日本豪雨で多数が犠牲になった広島市は、2020年度までに950人の若手防災士を養成する予定。岩手県では、全県議46人が今年度内に取得する方針を掲げた。兵庫県神戸市立科学技術高校は今年度、資格取得が可能な養成講座を全国の高校で初めて開始し、3年生384人中78人が受験した。防災士を認証するNPO法人日本防災士機構は「18年は特に災害が多く、自治体からの問い合わせが増えた。全国的に防災士をキーパーソンに地域の防災力を強化する方向にシフトしているようだ」としている。【1月15日 毎日新聞より】
▼日本防災士機構
http://bousaisi.jp/

  • 関連タグ: