まなべる、いかせる、つながれる。防災・減災のオンライン基地。

運営:防災推進協議会 企画編集:助けあいジャパン 協力:内閣府防災担当

防災関連ニュース

記事が削除される等の理由で、リンク切れとなる場合があります。ご了承下さい。

【普及啓発】お茶しつつ防災トーク/徳島

2018年5月14日

徳島大環境防災研究センターは、地震や風水害に関する最新研究や防災について、コーヒーやお茶を飲みながら専門家の話を聞き、気軽に意見交換する「とくしま大学防災Cafe」の取り組みを4月から始めた。普段はなかなか知ることができない研究内容をわかりやすく解説し、防災意識の向上に役立ててもらおうと企画。毎月1回、大学側が飲み物を用意し、南海トラフ巨大地震や防災教育、災害医療など幅広いテーマについて考える。4月26日に徳島市の同大学工業会館で初めて行われた防災Cafeでは、山中亮一講師(環境水理学)が、南海トラフ巨大地震時に液状化が起こると、津波が想定より早く到達するシミュレーション結果を発表した。参加者からも質問や意見が相次ぎ、登壇者以外の研究者も説明に加わるなど活発なやりとりが行われた。【5月11日 読売新聞より】
▼徳島大学 第2回とくしま大学防災Cafeを開催します(5月24日)
http://www.tokushima-u.ac.jp/docs/2018042700022/

  • 関連タグ: