まなべる、いかせる、つながれる。防災・減災のオンライン基地。

運営:防災推進協議会 企画編集:助けあいジャパン 協力:内閣府防災担当

防災関連ニュース

記事が削除される等の理由で、リンク切れとなる場合があります。ご了承下さい。

【普及啓発】コロナで食べちゃった防災非常食「補充します」 山形の業者が顧客サービス

2020年6月3日

山形県山形市にある日用雑貨、防災用品卸の西谷は、子育て中の母親の視点で選んだ防災用品を一箱に詰めた「防災ボックス」の購入者向けに、個別の商品を補充する新サービスを始めた。補充するのは、「わかめご飯」「ドライカレー」といった6種類の非常食や手袋式水なしシャンプーなど防災ボックスに入っている全ての商品。同社は電話やメールなどで受注を始めており、品目ごと5個単位で販売している。防災ボックスは同社が県内外の母親ら38人に聞き取りして製品化し、3月11日に販売を開始。その後、購入した母親ら100人以上から「外出自粛で非常食を昼食に活用した」「帰省自粛中の子どもに送りたい」などの声が届いたため、補充サービスに乗り出した。誰でも気軽に立ち寄れる防災グッズ展示コーナーを社内に設けたり、SNSで非常食を使ったレシピを紹介するなど、取り組みを強化している。【6月1日 河北新報より】
▼有限会社西谷 山形初。断水時に便利なアイテムが入っている。でも、ちょっと足りない防災ボックス
https://nishiya-eco.jp/archives/2153

  • 関連タグ: