まなべる、いかせる、つながれる。防災・減災のオンライン基地。

運営:防災推進協議会 企画編集:助けあいジャパン 協力:内閣府防災担当

防災関連ニュース

記事が削除される等の理由で、リンク切れとなる場合があります。ご了承下さい。

【普及啓発】中1ユーチューバーとコラボして防災動画 東京消防・志村消防署

2020年9月16日

新型コロナウイルスの影響で地域や学校などで防災訓練を行うことが難しくなるなか、東京消防庁がツイッターやユーチューブを使った情報発信に力を入れている。8月末には中学生の人気ユーチューバーを消防署に招き、体験した防災訓練の様子をチャンネルで配信してもらう初めての試みを行った。協力したのは中学1年の動画クリエーター、ひまひまさん。ひまひまさんが志村消防署を訪問して、消防隊員に消火器の使い方を学んで実際に使ったり、火災に遭遇した時の対応方法を教えてもらったりする内容などを約13分間の動画にまとめた。ひまひまさんの父親が撮影、編集を行い、防火衣にまつわるクイズや放水する隊員から見た映像も交えるなど工夫を凝らした。動画は防災週間が始まった8月30日にユーチューブチャンネルで公開し、今月9日までの視聴回数は6・5万回に上った。同庁は7月には任天堂の人気ゲームソフト「あつまれ どうぶつの森」を活用する挑戦を始めたばかり。ゲーム上の「ボウサイ島」に建てた家の中で防火衣やレスキュー隊の制服を飾っていることをツイッターで紹介すると反響が相次いだ。その後も家具をベッドから遠ざける動画などをアップしている。【9月12日 毎日新聞より】
▼東京消防庁<志村消防署>
https://www.tfd.metro.tokyo.lg.jp/hp-simura/index.html

  • 関連タグ: