まなべる、いかせる、つながれる。防災・減災のオンライン基地。

運営:防災推進協議会 協力:内閣府防災担当

防災関連ニュース

記事が削除される等の理由で、リンク切れとなる場合があります。ご了承下さい。

【普及啓発】令和3年8月の記録的な大雨の特徴とその要因について~異常気象分析検討会の分析結果の概要

2021年9月14日

気象庁は13日、今年8月の記録的な大雨の特徴と大規模な大気の流れから見た要因について、異常気象分析検討会において分析し、見解を発表した。主な要因としては、盛夏期にもかかわらず梅雨の後半のような大気の流れとなり、西日本~東日本に前線帯が形成されたところに中国大陸からと太平洋高気圧の縁辺に沿った水蒸気の流入が集中する状態が続いたため、広範囲で持続的な大雨となった。また、九州北部地方で線状降水帯による非常に激しい雨や猛烈な雨が降り続いた8月14日は、前線の南側で積乱雲が発達しやすい環境となっていたことに加え、東シナ海の前線上にスケールの小さな低気圧が発生し、その東側にあたる九州の西の海上では多数の積乱雲が線状降水帯として組織化されやすくなっていたとみられるとのことである。【9月13日 気象庁より】
▼気象庁 令和3年8月の記録的な大雨の特徴とその要因について
https://www.jma.go.jp/jma/press/2109/13a/kentoukai20210913.pdf

  • 関連タグ: