まなべる、いかせる、つながれる。防災・減災のオンライン基地。

運営:防災推進協議会 企画編集:助けあいジャパン 協力:内閣府防災担当

防災関連ニュース

記事が削除される等の理由で、リンク切れとなる場合があります。ご了承下さい。

【普及啓発】児童が磯辺校区防災マップづくり/愛知

2018年5月10日

愛知県豊橋市立磯辺小学校の児童が8日、地域住民らと校区の危険箇所などをまとめる「防災コミュニティマップづくり」を始めた。6年生約110人が自治会メンバー約30人と一緒に校区を歩き、調査した。年度内に防災マップを作り、校区各世帯や小・中学生に1部ずつ配布される。児童らは地域住民と13のグループに分かれ、それぞれのコースを歩きながら、マンホールや倒れそうなブロック塀、瓦屋根の場所など危険箇所を地図上に記入し、写真に撮っていった。同行した市防災危機管理課職員からは海抜表示や高い方へ避難するなどの説明を受けたり、住民から地形についての話を聞いたりもした。児童らは今後、マップ作成の説明などを受けたあと、マップ作りに取り掛かる。7月には活動の発表も予定されている。【5月9日 東愛知新聞より】
▼豊橋市 防災コミュニティマップ作成の手引き
http://www.city.toyohashi.lg.jp/31842.htm

  • 関連タグ: