まなべる、いかせる、つながれる。防災・減災のオンライン基地。

運営:防災推進協議会 企画編集:助けあいジャパン 協力:内閣府防災担当

防災関連ニュース

記事が削除される等の理由で、リンク切れとなる場合があります。ご了承下さい。

【普及啓発】児童ら荒浜小遺構を「見学」 仙台・高森小、防災授業でICT活用/宮城

2021年3月4日

宮城県仙台市泉区の高森小学校で2日、ICT(情報通信技術)を活用した防災授業があり、5年1組の36人がタブレット端末を使い、若林区の震災遺構「荒浜小」をバーチャル映像で体験した。360度カメラで撮影した映像で、津波の爪痕が残る教室や廊下、避難者が救助された屋上など24カ所を「見学」した。タブレットに搭載されたチャット機能を使い、映像を見て気付いたことや感想など書き込んで共有した。市防災環境都市・震災復興室の担当者が荒浜小からオンラインで参加。眼鏡型のデジタル端末「スマートグラス」で校舎内の様子を生中継しながら、津波が迫る中で児童や教職員らが避難した状況を解説した。【3月3日 河北新報より】
▼NTT東日本 小学校でICT技術を活用した防災学習を実施します
https://www.ntt-east.co.jp/miyagi/information/detail/pdf/20200224_01.pdf

  • 関連タグ: