まなべる、いかせる、つながれる。防災・減災のオンライン基地。

運営:防災推進協議会 企画編集:助けあいジャパン 協力:内閣府防災担当

防災関連ニュース

記事が削除される等の理由で、リンク切れとなる場合があります。ご了承下さい。

【普及啓発】土砂災害の教訓共有 盛岡で砂防学会全国大会開幕/岩手

2019年5月23日

土砂災害対策などの研究者でつくる砂防学会の全国大会が21日から3日間の日程で、岩手県盛岡市で開幕した。全国の研究者や行政関係者ら約1100人が集い、2016年台風10号豪雨や昨年の西日本豪雨など、近年相次ぐ土砂災害について研究成果を発表。住民避難の在り方など課題を共有し、命を守る方策を考えている。初日は大学や国の関係者ら5人が災害事例と教訓を発表した。西日本豪雨について、広島大の海堀正博教授は避難勧告などが早い段階から出されながら多くの犠牲者を出したことに触れ「砂防の必要性をもっと叫ばないといけない」と強調。「早め避難の周知が欠かせない」とも述べた。22日は研究発表やパネル展示などを行い、23日は岩手山周辺の火山砂防施設や岩泉町の土砂災害対策現場などで現地研修する。【5月22日 岩手日報より】
▼公益社団法人砂防学会 2019年度(公社)砂防学会定時総会並びに研究発表会 岩手大会
https://jsece.or.jp/meeting/latest-meeting/

  • 関連タグ: