まなべる、いかせる、つながれる。防災・減災のオンライン基地。

運営:防災推進協議会 企画編集:助けあいジャパン 協力:内閣府防災担当

防災関連ニュース

記事が削除される等の理由で、リンク切れとなる場合があります。ご了承下さい。

【普及啓発】地震の歴史から“備え”考える 静大生講師に防災授業 袋井/静岡

2020年11月19日

静岡県袋井市の浅羽南小学校の5年生65人が17日、静岡大教育学部の学生らによる高台移転をテーマにした防災授業を静岡市葵区の県地震防災センターで受けた。遠州灘に近い同小が総合的な学習で取り組む防災教育の一環として実施した。学生たちはイラストを交えながら、1707年の宝永地震を機に、海沿いの白須賀宿(湖西市)から津波を避けるために高台への移転を検討した当時の住民同士のやりとりを「漁師の仕事がなくなる」「この村に住み続けたい」などと再現。子どもたちに引っ越しの是非について意見を求めた。授業は防災教育に力を入れる同学部藤井基貴准教授の研究室の学生6人が担当した。大学院生の鈴木希実さんは「県内で実際に起きた災害の歴史を題材にして、沿岸部に住む子どもたちの意識が少しでも高まればいい」と狙いを話した。【11月18日 静岡新聞より】

  • 関連タグ: