まなべる、いかせる、つながれる。防災・減災のオンライン基地。

運営:防災推進協議会 企画編集:助けあいジャパン 協力:内閣府防災担当

防災関連ニュース

記事が削除される等の理由で、リンク切れとなる場合があります。ご了承下さい。

【普及啓発】埼玉りそな銀行、電子看板で防災情報発信

2021年3月22日

埼玉りそな銀行は緊急地震速報を受信すると自動的に画面が切り替わり、安全確保を促すデジタルサイネージ(電子看板)を導入した。大宮西支店に設置し、災害時に利用客が安心して行動できるように備える。デジタルサイネージを使った防災情報発信システムの名称は「ソナエージ」。看板製作のデサンなどが埼玉大学産学官連携協議会の活動の一環で開発した。緊急地震速報を受信すると警告アラームが鳴り、英語や中国語を含む4カ国語で安全確保を促す画面が表示される。その後近くの避難場所への地図を示し、誘導できるようにする。【3月19日 日本経済新聞より】
▼デサン もしもに備えるサイネージ「ソナエージ」
https://dessin.co.jp/sonaage/

  • 関連タグ: