まなべる、いかせる、つながれる。防災・減災のオンライン基地。

運営:防災推進協議会 企画編集:助けあいジャパン 協力:内閣府防災担当

防災関連ニュース

記事が削除される等の理由で、リンク切れとなる場合があります。ご了承下さい。

【普及啓発】大分市の日岡小児童が防災マップ作製 減災未来プロジェクト

2020年11月13日

大分合同新聞社など九州7県の地元紙が共同で実施している「減災未来プロジェクト」の一環で、大分市の日岡小学校5年生が11日、災害発生時の避難に役立つ防災マップ「減災みちしるべ」を作った。大分大減災・復興デザイン教育研究センターの小林祐司センター長らと一緒に地域を歩き、どこに避難場所があるかなどを確認した。8班に分かれ、同大の学生21人のアドバイスを受けながら小学校周辺を歩いた。いざというときに逃げ込める駐車場や空き地といったオープンスペースのほか、頭上からアンテナや室外機などが落ちてくる危険のある場所などをチェックした。体育館に戻り、地図の該当箇所に青(避難に役立つ情報)、緑(危険予想)などと色分けしてマークを貼った。マップは今後、同プロジェクトのホームページに掲載する予定である。【11月11日 大分合同新聞より】
▼九州減災未来プロジェクト
https://gensaimirai.com/

  • 関連タグ: