まなべる、いかせる、つながれる。防災・減災のオンライン基地。

運営:防災推進協議会 企画編集:助けあいジャパン 協力:内閣府防災担当

防災関連ニュース

記事が削除される等の理由で、リンク切れとなる場合があります。ご了承下さい。

【普及啓発】子どもの防災意識高めて しらおい防災マスター会が町教委に絵本寄贈/北海道

2019年4月26日

北海道白老町の有志らで組織するしらおい防災マスター会は23日、町教育委員会に防災絵本5冊を寄贈した。寄贈した絵本は、北海道南西沖地震で被災し、語り部として活動している三浦浩さんの著書「あの坂へいそげ」(文芸社)。高校1年生だった1993年に奥尻島で地震を体験した三浦さん。地震発生から津波到達までのわずか3分の間に同居していた祖父を背負い、祖母の手を引いて高台に避難した。坂道を登ろうとしていた際、背後に津波が迫り、死と隣り合わせだった体験をつづった絵本を制作した。同会の吉村智会長は「防災を学んだ子どもは10年後に大人になり、20年たつと親になる。防災意識が引き継がれ、家族で話し合うきっかけにもなる。絵本を通して子どもの関心を高めるきっかけにしてもらいたい」と教育現場での活用を要望した。【4月25日 苫小牧民報より】
▼文芸社 「あの坂へいそげ」
https://www.bungeisha.co.jp/bookinfo/detail/978-4-286-18386-2.jsp

  • 関連タグ: